草根木皮(そうこんもくひ)たまりとは?

 

あきゅらいず美養品の中で、泡石・優すくらぶ・秀くりーむの3ステップスキンケア商品は人気ですよね。

 

この3つのスキンケア商品に共通して入っているのが草根木皮たまりであり、人気の支える秘密の成分でもあります。。

 

さてその草根木皮たまりですが、実際のものを見てみると、

 

 

黒くてドロドロ・・・

 

  • これを肌に塗るの?
  • 本当に大丈夫??^^;

 

なんか心配になっちゃいますよね。

 

というわけで、草根木皮たまりについて詳しく調べてみたので、その結果を報告しますね。

 

草根木皮たまりの正体を探る

 

 

この黒いトロっとした液体の正体は、10種類の東洋ハーブから抽出したエキスでした。

 

東洋ハーブ・・・いわゆる漢方や和漢植物エキス、生薬といった方が馴染みがあるかもしれません。

 

あきゅらいずのスキンケア化粧品を開発するにあたって、中国まで行き、東洋ハーブの凄さに触れて商品化に至ったそうです。

 

 

漢方の凄いところは、組み合わせを変えることでお互いの効果を高め合う作用があることです。

 

1+1が2になるのではなく、1+1が3にも10にもなるんですね。

 

もちろん組み合わせは無限にあるので、どれとどれを選ぶのかは難しいです。

 

あきゅらいずでは、中国薬科大学研究員と協力して草根木皮たまりを作ったようです。

 

 

それでは、もう少し詳しく10種類の東洋ハーブを紹介していきます。

 

 

丹参(たんじん)

タンジン根エキス・・・肌の調子を整える。血管の拡張や血流を促し新陳代謝を促進する。

 

玄参(げんじん)

ゴマノハグサ根エキス・・・皮膚からの水分の蒸発を抑え潤いを与える。うるおいを保ち皮膚を柔らかくする。(こういった成分をエモリエント剤といいます)

 

蛇床子(じゃしょうし)

オカゼリ果実エキス・・・抗菌作用があり肌を清潔に保つ。また痒みを抑える作用や保湿作用もある。

 

紅花(こうか)

ベニバナ花エキス・・・活性酸素を除去し紫外線ダメージを防ぐ。最近ではメラニンの蓄積を防ぎシミにも効果があることがわかりました。(大手化粧品会社のポーラのオルビスにも配合されている)

 

黄精(おうせい)

ポリゴナツムムルチフロルム根茎/根エキス・・・滋養・強壮の生薬として有名で不老長寿の効能があるとまで言わしめた生薬。保湿作用もある。

 

金銀花(きんぎんか)

スイカズラ花エキス・・・抗酸化作用や抗炎症作用があり肌トラブルを予防する。色素沈着抑制の作用や抗老化作用がある。

 

絞股藍(こうこらん)

アマチャヅル葉エキス・・・肌の細胞に水分を巡らせて潤いをだす。水分で潤った肌は透明感が出たりキメが整う。他にも収れん作用(肌の引き締め)や肌の保護剤としての役割もある。

 

紫草(むらさきくさ)

ムラサキ根エキス・・・炎症を抑えたり傷の治癒促進に役立ちます。またシミやそばかすを予防してくれる。

 

御種人参(おたねにんじん)

オタネニンジン根エキス・・・新陳代謝の促進、皮膚の土台となる繊維芽細胞(せんいがさいぼう)を増殖することによる抗シワ作用がありアンチエイジング効果がある。

 

黄蓮(おうれん)

オウレン根エキス・・・抗炎症、抗菌作用に加え、ニキビの原因であるアクネ菌抑制作用、さらには皮脂抑制作用がある。

 

 

草根木皮たまりの一番のポイントは、その保湿力とバリア機能にあります。

 

肌への潤いは透明感など見た目を良くするだけではありません。

 

水分量の多い肌は、紫外線や外的刺激から肌を守ってくれますし、小じわの対策にもなります。

 

こうやって健康的な肌に生まれ変わると、新陳代謝が活性化されることでニキビの色素沈着やシミにも効果が期待できるんですよね。

 

もちろんこれらの東洋ハーブは全て国の厳しい品質基準をクリアしています。

 

少し難しい部分もありますが、こうやって見るとお肌に様々な効果が期待できそうですよね。

 

使うのが楽しみになっちゃいます♪

 

草根木皮たまりをつくるの大変すぎ!!

 

さてそんな草根木皮たまりはどのように作られているんでしょうか?

 

調べてみるとかなり手間暇がかかっていることがわかりました。

 

  1. 植物原料を洗ってホコリを取り除く
  2. その後、長時間蒸留水に浸す
  3. さらに数時間に詰めてろ過する

 

これを水抽出技術というそうです。

 

こうやって黒いとろみのある草根木皮たまりができるんですね。

 

香り漢方や生薬ではなく、はプルーンのような匂いだそうです。

 

 

両手いっぱいのハーブからスプーン一杯しか取れないらしくかなり貴重なんですって。

 

 

ただし、天然の素材を使っているので品質が安定しないといったデメリットもあります。

 

現に、優すくらぶでは前使っていたのと色見が違うといった、品質ムラに関する問い合わせがあるそうです。

 

※問い合わせたところ効果には影響ないとのこと。リピーターの口コミを見ても問題はなさそうです。

 

こんなデメリットもあるのに草根木皮たまりを使う理由はなんなんでしょうか?

 

なぜ、わざわざ草根木皮たまりを使うのか?

 

 

「シンプルでありながらも高品質なスキンケア」をするためには欠かせないからです。

 

少し、東洋医学の観点で見ていきましょう。

 

肌トラブルを解決するには瘀血(おけつ)を改善することが大切です。

 

瘀血とは血液の流れが悪くなり代謝が滞ることで体調が悪くなることです。

 

更に潤いが不足すると、さまざまな肌トラブルを招いてしまいます。

 

そのため、スキンケアに大切なのは「潤い」と「代謝」です。

 

こうやって見ると、スキンケアに必要な3つの要素が見えてきます。

 

  1. 洗顔で清潔な肌にすること(泡石)
  2. マッサージすることで代謝をうながすこと(優すくらぶ)
  3. 保湿で適度に肌を潤すこと(秀くりーむ)

 

必要最低限のポイントを押さえながらも、肌に最高のトリートメントをするには、草根木皮たまりが必要不可欠なんですね。

 

この草根木皮たまりという成分は他の化粧品会社が真似できない、あきゅらいずの強みでもあります。

 

コスメジプシーで悩んでいる方は、初回はお試し半額なので試しやすくなっていますよ♪

 

 

 

草根木皮を使ったあきゅらいず美養品で最も人気な、泡石・優すくらぶ・秀くりーむの口コミはこちらの記事を参考にしてみてください♪